FWAT : Floating WAisT
フワットで、腰を浮かせて座圧軽減!
※フワットは医療機器ではありません。
 特定の疾患に対する効果を保証するものではありません。
Shadow
Slider

腰の不調に悩まされる
皆さま

近年、長時間座った状態で、仕事をするデスクワーカーの方々は、腰やお尻の不調に悩まされることが多いのではないでしょうか。

announceimg

そんな皆さまのために開発したものが
Floating WAisT です

フワットの特徴

腰やお尻が浮く

上半身の重さをフワットで支えているため、お尻が少し浮きます。

着座姿勢が良くなる

使用者の腰を支えるため、フワット着用時の姿勢が良くなります。

装着したまま移動可能

フワットは、コルセットのように常に装着したまま移動することが出来ます。

腰とお尻の負担軽減

腰につけるコルセットではなく、ろっ骨につける装着パットが、座った状態で上半身をつるしてくれます。これにより、お尻にかかる負荷が減少します。 腰まわりやお尻(肛門)の負担も軽減してくれます。
[特許出願番号:2017-205613,特許出願番号:2018-245012]

announceimg

ワンタッチで着脱可能

フワットは、おなかにベルトをまわし、ベルトを止めるだけで、装着が完了します。面倒な手間なく装着できるため、初めて使用する方にも安心です。
さらに、ベルトの長さも容易に調整できるため、ベルトの締め付けを気持ちの良いところで自由自在に変更できます。

announceimg

ジャケットの下に装着

フワットは、コンパクトな設計になっています。フワットを装着したまま、上からジャケットやコートなどのアウターを着ることが可能です。
アウターの下にフワットが隠れるので、装着したまま外出しても人目を気にすることはありません。

announceimg

自由自在に高さの調節が可能

フワットは、2本の柱を回転することで高さの調節ができます。 一回転させるごとに,約5mmずつ高く/低くなります. 片方ずつ調整が出来るため、細かい調整も可能です。 装着パットを外して回し、ちょうど良い高さに調整して下さい。

<フワットのサイズ>
高さ:30cm~47cm(調整可能)
横幅:43.7cm(底部の最大幅)
重さ:1160g(フレーム865g,装着パット295g)

announceimg

様々な体形に調整可能

フワットは、様々な身長/体重の方にご利用いただけます。左の写真は、同じフワットを様々な体形の4人に装着してもらった様子です。推奨される身長は130cm~195cm、推奨される体重は120kg以下、推奨されるウエストは55cm~120cmです。

announceimg

新幹線などの列車や
飛行機でも使用可能

フワットは、コルセットのように装着するため、椅子を選びません。
装着したまま外出することも可能なので、飛行機や列車などの長時間の移動に最適です。
右の写真のような飛行機の座席や、新幹線などの列車の座席でもご利用いただけます。

announceimg

イス無しでも利用可能

フワットは、イスが無くても使用することができます。左の写真のとおり、座敷やフローリングの上に座っても、フワットが腰を浮かせてくれます。

announceimg

ご家庭で洗濯も可能

1:取り外し
フワットのベルトとバックルを、装着パットから取り外してください。
(バックルをつけたままだと、洗濯機を傷つける可能性があります。)

2:装着パットの洗濯
装着パットは、洗濯ネットに入れてから洗濯機に入れてください。
洗濯後は、温風乾燥機能は使わずに、陰干ししてください。

3:ベルトの洗濯
ベルトは、洗剤や石鹸等で手洗いしてください。
洗濯後は、乾燥機は使わずに、陰干ししてください。

announceimg
腰の負担の測定

骨盤の負荷を軽減

右図は,フワットを使用しない場合と使用した場合の座圧センサによる圧力分布を示したものです[1]。
図の通り、フワットを使用することで、使用者の骨盤から座面に伝わる圧力が軽減されることが分かります。
これにより、骨盤にかかる負荷が軽減され、腰の負担が楽になります。
※フワットは、腰への負担を軽減するものであり、腰痛を治療するものではありません。

[1]佐賀大学中山研究室調べ

announceimg

体重計による計測

フワットを使用せず、座面に体重計を置いた椅子に、通常通り座った場合の計測値は、52.4kgでした。一方、フワットを使用している場合、臀部の体重計の計測値は16.6kgでした[2]。
地面に置いた両足で支える重量が14.8kgから変わらないと仮定すると、体重から臀部で支える16.6kgと両足で支える14.8kgを除いた35.8kgをフワットが支えている計算になります。
腰やお尻の不調の原因となる骨盤や臀部にかかる重量をフワットが軽減します。

[2]佐賀大学中山研究室調べ

announceimg
福祉機器コンテスト2018で優秀賞を受賞

メディアでの紹介など

2017年 10月

特許出願

2019年 1月

西日本新聞で取り上げられました

2019年 3月

RKB毎日放送:今日感テレビで紹介されました

2019年 4月

テレビ東京:WBSトレンドたまごで紹介されました

2019年 5月

未来を発掘するWebマガジン「HACKTSU」で紹介されました

2019年 5月

TVQ九州放送:ふくサテ!で紹介されました

2019年 5月

オリンピックメダリストにフワットを紹介してきました

オリンピックメダリストにフワットを紹介してきました

オリンピック女子マラソン銀メダリストの有森裕子さんに、 フワットを紹介する機会をいただきました。

2019年 5月

WEBマガジン@DIMEで紹介されました

2019年 5月

佐賀新聞でフワットが紹介されました

2019年 5月

腰痛ラボでフワットが紹介されました

2019年 6月

毎日新聞でフワットが紹介されました

2019年 7月

朝日新聞でフワットが紹介されました

製作者コメント

中山功一

10年以上、座っての仕事がつらかった私ですが、フワットを使い始めてからは腰の不安を気にすること少なくなりました。電車や飛行機でフワットをつけっぱなしにすることで、全国各地への出張も大変楽になりました。さらに、会議などの業務中も装着することで、腰の不安を気にすることなく仕事に集中できました。このように、フワットを装着することで、日本から座っているときの腰のつらさを少しでも減らせることを願っています。
※「フワット」は、浮かぶ腰を意味する 「Floating WAisT (FWAT)」から名付けられました。
※ページ左上のフワットのマークは、真上から見たフワットの形をモチーフに作成されました。

announceimg

山城佑太

初めは中山先生が個人的に使う為に開発を続けてきたフワット。私は自分の得意分野を活かせる機会を無邪気に楽しんで、アイデアを出し、試作を続けてきました。そしてコンテストやイベントでフワットを展示するたびに、座った時の腰に不安を感じている方々に出会いました。実際に使って頂くと腰が浮くフワット独特の使用感に驚き使いたいとのご意見も頂きました。その後も改良は続き、おおよその体型に対応できるようになりました。どうしても、移動や会議で長時間座る場面がある現代において、腰の負担が楽になり楽に座り続ける事ができるフワットが日々の生活を楽にしてくれることを期待しています。

announceimg
推薦者コメント

クリニック、一般病院などで15年の勤務経験があり、スポーツから地域医療、小学生から高齢者までの整形疾患患者を中心に携わっている理学療法士様から、以下のコメントをいただきました。
腰の不調に対して理学療法業界では、運動療法、物理療法としての牽引や温熱療法、装具療法でのコルセットが一般的です。フワットは、牽引に似ています。でも牽引は、寝ている状態で足の方向に引っ張るのに対し、フワットは頭の方に引っ張るといった、牽引に近くはありますが、今までの発想とは逆で驚きました。また、牽引は効果が持続するか疑問なこと、コルセットは不良姿勢や筋力を補助する役割はあっても重力による椎間板内圧を減らすことは難しいと思われます。フワットはその腰椎への『圧』という不調の原因ともなるものを軽減させるのに役立つと思います。『圧』という原因を断ちつつ、理学療法により本来の身体機能の改善を目指し、腰の不調に悩まされる人が減ることを期待します。

フワットのパンフレットを公開しています

announceimg
フワットのFacebookページはこちら
https://www.facebook.com/fwat.fit/

Makuake:活動レポートはこちら
https://www.makuake.com/project/fwat-fit/communication/

新着情報を受け取る

2019年10月1日より,発売開始予定です。
予約申込をされる方は、以下のフォームに、メールアドレスと
コメント欄に予約申込である旨を記載して、送信ボタンを押してください。